忙しすぎて彼女に嫌われた人の復縁

2016年05月01日

忙しすぎて彼女に嫌われた人の復縁

別れた恋人と復縁できた方法はこちら

シュミや勉強・仕事が忙しすぎて、彼女が去ってしまった。

忙しいのは自分のせいじゃなくても、彼女をほっといたのは自分の責任です💧

他の事に使う時間はあるのに彼女に会う時間がないなんて、毎回ナットクしてもらうのは難しいですね。

メールや電話などの連絡の頻度も落ちていれば、「暇だから会っていた」と思われても仕方ないでしょう😠

そうだったら元カノはすでに、自分のシュミや仕事にやきもちをやいているどころか、「女の子を大切にしない最低なオトコだったと」思っているかも知れません。

「そんなこと言われたって、浮気したわけでも彼女に手をあげたわけでもない、自分はそれほど悪くない」などと思っていたら自覚が必要でしょう。

いままでの自覚、反省と今後の対策が彼女にしっかり伝われば復縁も考えてもらえるでしょう。

・自覚

彼女にしてみれば「なかなか、かまってくれない」という、「ほったらかしに近いことをされていた」のです。

そして「デートのほかにもしたいことがあるのは、自分だけだったか」と考えてください。

彼女だってしたいことはあったでしょう。

彼女も自分のために時間を作って会ってくれていたとしたら、感謝ですよね。

こんな彼女なら、自分にもデートの時間だけは確保してくれることを期待してたはずです⏰

怒って去って行かれるまで、そこに気が付かなかったのも大きな問題です。

・反省

自分は会いたくても「時間がない」「忙しい」と言いつづければ会いたくない言い訳に聞こえます


メールや電話まで少なくなれば、彼女の心が離れても文句は言えません。

やっと会えても「疲れた」と言ったりため息をついたりでは、ムリしてデートしてる感じが出てしまいます。

彼女も一緒に疲れてしまったり、やさしい子なら「私のためにムリさせてる」と心配して、自分から遠ざかるかも知れませんよ。

自分中心だった言葉、態度を反省します。


・今後の対策

シュミや仕事・勉強をしなければ彼女に使える時間が増えます!

でもそうもいきませんね⤵

反省したことをわかってもらえたとしても現状が変わっていないのですから、改善策が彼女の心を変えるカギになります。

「なにも変わってないじゃん」なんて思われないように言い訳は最小限にとどめます。



自分:「あのとき忙しかったからどうせ会ったとしても、1時間しかなかった」

彼女:「ふ〜ん」(要するに、会うのが面倒だったんでしょ)

これでは過去の言い訳プラス、「今後も忙しい時は会えませんよ」と聞こえてしまい、反省も復縁したい気持ちも伝わりそうにありませんね。



自分:「あのとき忙しかったけど会いに行けば、1時間は一緒にいれた」

彼女:「そうだったの(1時間でも会いたいと思ってたんだ)」

などと言えば時間がなかったことと同時に、会いたかった気持ちもわかってもらいます。

ここで気を緩めて「仕事なんだからしょうがなかったんだ、わかってよ」のように自分をフォローし始めれば、反省の効果と復縁の可能性は消えていきます。

別れた恋人と復縁できた方法はこちら




posted by 彼女復縁ゆう at 01:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。